借りる時に役に立つ!賃貸住宅のお金にまつわる基礎知識

admin

知っておこう!敷金と礼金について

賃貸住宅の契約条件の内容によって異なりますが、賃貸の諸経費の内訳は、敷金や礼金、前払い家賃や仲介手数料などが発生するのが一般的です。賃貸住宅の広告を見ていると、1番大きく記されている家賃の価格を重視してしまいがちになります。しかし、こういった初期費用の詳細も細かくチェックすることも大事なポイントなので、トータル費用を計算して予算に合う物件を選びましょう。敷金の意味は、家賃を滞納したとき又は退去する際の物件の修繕代、清掃代として預けるお金になります。退去時に精算され、残ったお金は戻ります。家賃の1ヶ月から2ヶ月が敷金の相場です。

礼金は大家さんに対し、お礼として支払うお金のことです。敷金とは違い、退去時に返金されることはありません。礼金の相場は、家賃の1ヶ月から2ヶ月となります。このような諸経費がかかることから、引っ越すことが決まったら、まとまったお金は予め用意しておく必要があるでしょう。

初期費用を節約!敷金礼金なしの賃貸住宅は人気がある

賃貸住宅に入居する際の諸経費は敷金や礼金、仲介手数料などで、相場は40万円くらいと言われています。大きな負担となるため、諸経費を安くできないかと悩むこともありますよね。数ある賃貸住宅の中には、実は敷金と礼金が不要という物件も探せばありますし、人気の賃貸住宅の1つです。住宅情報サイトでは、敷金礼金無しを条件に、手早く物件を見つけられるサイトもあるので探しやすいです。また、賃貸住宅により、不動産屋や大家さんとの交渉次第で頼めば敷金礼金をなくしてもらったり、安くしてもらえる可能性も。駅から近いなどの人気物件は難しいですが、築年数が経過した物件や、郊外にある物件などは交渉に応じてもらえることもあります。

旭川の賃貸は駅や中心部付近には単身世帯用の物件が多くあります。郊外では2台駐車可能の少数家族向けや一戸建ての物件も見つけやすいです。